白髪染めタイプを比較

白髪染めタイプを比較

白髪染めには、クリームタイプ・泡タイプ・ジェルタイプ・液状タイプ、トリートメントタイプ、シャンプータイプと、実に様々なタイプがありますよね。そこでここでは、白髪染めをタイプ別に調べ、その白髪染めの長所と短所についてまとめ、比較してみたいと思います。

 

白髪染め専用ヘアカラー

白髪染め専用ヘアカラーには、クリームタイプ、液状タイプ、泡タイプ、ジェルタイプがありますが、白髪染め専用のヘアカラーの場合は、一発で素人でも簡単にむらなく染められるのが一番のポイントではないかと思います。もちろん、色の持続力も2か月は平均持ちます(根元の白髪が伸びてくるまで)。デメリットといえば、間違いなく髪の毛と頭皮への負担ですね。アレルギーのある方、敏感肌の方は、白髪染め用ヘアカラーを使用する場合にはパッチテストは必須ですよ。いろいろな白髪染めの中で一番頭皮と髪への負担の強いもの、といえるかと思います。

 

白髪染め用ヘアマニキュア

白髪染め専用のヘアマニキュアは、ヘアカラーのように髪を脱色して色を付けるわけではないので髪と頭皮に負担がかからないのがヘアマニキュアの良い点です。もちろん、ヘアカラーと同じように、1度で真っ黒に染める、というのは難しいかもしれません。ヘアマニキュアの場合、キューティクルを保護し、髪をつやつやにしてくれる効果があるため、白髪を染めながらもきれいな髪を実現することができるのです!ヘアマニキュアの場合、クリームタイプのもの、泡タイプのものが主流ですが、色落ちをしてしまったり、またなかなか染まらず、やっと染まっても1か月程度の持続力となっていたりといったこともあるようですから、購入前に口コミなどで下調べをしていくことをお勧めします。ヘアマニキュアでもしっかり色がついた、という口コミの多いものがお勧めですよ!敏感肌、アレルギーがある場合も、ヘアマニキュアは安心して使えますよ

 

白髪染め用シャンプー/トリートメント

毎日ちょっとずつ色を付けるタイプの、白髪染め用シャンプー/トリートメント。一度にしっかり色が入るわけではないのですが、徐々にだんだん染まっていくのでずっと使っていれば、黒い髪をずっと保てるという長所があります。短所はもちろん、一気に染まらないので即効性を求められている方には不向きという点です。敏感肌、アレルギーのある方でも安心して使える成分のものが多く、髪を傷めることもないので、頭皮と髪に優しいものをお探しの方にはお勧めですよ。

 

一時染め

一時染めというのは、たとえばちょっと白髪が気になるな、というときに気軽に使用できるのが一時染めです。スティックタイプ、スプレータイプ、マスカラのようなタイプに、ファンデーションタイプのものなど… いろいろな種類のもの、またメイクポーチなどに入る携帯に便利なものがあるので、1つ持っておくとかなり心強いアイテムかと思います。弱点は急な雨や汗で流れ落ちてしまう可能性があることです!