白髪染めヘアカラーについて

白髪染めヘアカラーについて

白髪染めヘアカラーを使って、これから白髪染めをするという方のために、白髪染め用ヘアカラーの性質や特徴について、ここではご紹介していきたいと思います。
まず、白髪染め用ヘアカラーは、黒髪用のヘアカラーと違って白髪もしっかりそまるところ、また即効性があり、簡単に自宅で染められることからたくさんの方に愛用されています。

 

白髪染めヘアカラーとは

白髪染めヘアカラーは、永久染毛剤と呼ばれるタイプの白髪染めで、クリームタイプのもの、ジェルタイプのもの、泡タイプのもの、液状のものなどがあるかと思います。大抵は1剤と2剤を合わせて液を作り、それを髪に塗布することになります。なぜこの1剤と2剤を混ぜ合わせるのかといえば、まず1剤には染料の染料前駆体と呼ばれるプレカーサーと、染料連結対と呼ばれるカップラーなるものがはいっており、この配合量などで髪をどの程度濃く染めるのかが決まってくることになっているのだそうです。2剤には過酸化水素水が入っており、1剤と混ぜることで酸化させ、それと同時に髪を実は脱色して髪の奥まで色を浸透させ、発色させるような仕組みとなっています。

 

黒髪用のヘアカラーでは、白髪が上手に染まらないのは、このとき1剤の配合量が黒髪用に配合されているからで、白髪染めの場合は白髪がしっかり染まるように工夫されているのです。ただし、白髪が数本ある程度の方であれば、黒髪用のヘアカラーでもきれいに染まるようです。白髪がまとまって生えている白髪密集地帯がある方の場合は、白髪用ヘアカラーのほうが安心でしょうね。

 

白髪染めヘアカラーの選び方

白髪染めヘアカラーの場合、自分の髪の状態でヘアカラーをどのタイプのものにするか決める必要があります。というのも、白髪染めヘアカラーにはジェルタイプ、クリームタイプ、泡タイプ、液状タイプなどに分かれているからです。

 

ロングヘアの方におすすめなのは、泡タイプ、ジェルタイプ、液状のヘアカラーです!髪全体に広げてなじませることが簡単なので、染めむらなどが出ることなくきれいに染め上げることができます。ただ、ヘアカラーだと脱色させて行うため、続けて使用していくうちにパサつきが気になってくるかもしれません。できれば、ヘアマニキュアのほうがお勧めですね。

 

ショートヘアの方が白髪を染めるのであれば、クリームタイプの白髪染めヘアカラーが簡単かと思います。それから、部分染めといって、白髪が目立ってきた根元や生え際だけ染める場合にも、クリームタイプのものが便利です。必要な量だけチューブから取り出して染めることができる上に、とっておけるのがとても経済的で便利です。